【ミュージカル】5回目のWicked@ブロードウェイ

しつこいですが、また見に行ってしまいました。前から8列目。プレミアムチケット再び。

» 続きを読む

| | コメント (14) | トラックバック (0)

【ミュージカル】タイトルから察すべきでした‥Spring Awakening

トニー賞受賞作品は、モダン・ミリー、アベニューQ、モンティパイソンのスパマロットと、はずれナシなので、2007年受賞を見とけば間違いないかなと押さえておいたこの作品。

オフ感覚いっぱい。舞台には観客と役者が一緒に座り、美男美女の若い役者たちが演技が盛り上がってくると胸元から突然マイクを取り出し、ものすごくいい声でロックを歌い始める。
面白い、確かに面白い!

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【展覧会】やるせなし@東京国立近代美術館

美術初心者に楽しくわかりやすい展示の多かったMOMAT。
アンリ・ミショー展を堪能したあとも、2階から4階までぐるぐるぐる。
写真撮りますシールを1階でもらえば、外国の美術館みたいにパシパシ写真も撮れちゃいます。

『麗子像』というと、なんだか怖いイメージが強かったのですが、写真で見る麗子はとてもキュートでした。
恐らく一番有名な麗子像は、美術の教科書とかに載ってた劉生30歳、麗子7歳の右向きのやつかと思うのですが(切手になったやつ)、劉生が初めて描いた麗子5歳の像はそれはそれはかわいらしかったです。そんなちいちゃい頃から父親につきあってじーっとしてたってのが泣かせます。

1123_1 父と娘の手紙のやり取りもとてもかわいらしく、幼い麗子が丁寧に丁寧にまじめにお土産をねだっていたり、若き劉生が麗子をからかう漫画入りで返事を書いていたりと、微笑ましくて仕方なかったです。
沖縄にいた小学校時代に、単身赴任中の父と葉書をやり取りしたことを思い出しました。

建物や、展示の仕方はなんだかとてもすっきりとしていて心地よく、特に階段の木目がなんだか落ち着きました。456

---------------

そして。
気づけば3時間弱が経過。
のんびりしすぎた‥。

やるせなし①
1階で行われていた「アンリ・カルティエ=ブレッソン展」。350点展示、HCB本人による現像写真も展示、と話題を呼んでいますが(Penでも特集)、まんまと時間に間に合わず。

悔しかったので入り口で売っていた「Scrap Book」を買って帰りました。
HCBが戦争で亡くなったとカンチガイしたMOMAが回顧展を開こうとしていたことを、生存してた本人が聞いて喜び、自分のイチオシ写真を持参したという話のある本。
美術館員のセールストークに乗せられて、12,760円。お買い上げ。

やるせなし②
アマゾン.comで発見。55.53ドル。
http://www.amazon.com/Henri-Cartier-Bresson-Scrapbook-Michel-Frizot/dp/050054333X/ref=pd_bbs_sr_1/103-8010560-6279003?ie=UTF8&s=books&qid=1184232353&sr=1-1

定価で買っても80ドル‥。来月NY行くのに‥‥。

ソンナコトモアルヨネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【展覧会】妄想に浸る幸せ 『ひとのかたち』

ようやく落ち着いたので、コクミンネンキンやらコクホの手続きで九段下へ。
親切な職員さんたちの対応に、老人がついつい暇でここへ来てしまう気持ちを少し理解。

雨の中、あったかい気分でふらふらと国立近代美術館へ。
前から行こう行こうと思いつつ、(近場だから)とつい後回しになってたアンリ・ミショーの「ひとのかたち」展へ。

画家&詩人というところが、横須賀で見てきた谷内六郎と通じるところもあり、展覧会のキャッチコピーが気になってたのもあり、絶対行こうと思ってました。

『特別な意図を持たずに描いてごらん、
 機械的に描きなぐってごらん、
 紙の上にはほとんどいつも、
 いくつかの顔が現れる』

会場は、部屋に飾っておきたい感じのこじゃれた絵がいっぱい。
絵とも文字ともつかない不思議なものは、いろいろな技法で描かれていてオモシロ綺麗でした。
 ・フロッタージュ⇒凸凹のあるものを鉛筆でこすり出す 222_2 


 ・グワッシュ⇒重ね塗りができる不透明水彩絵の具Michaux_2_2
油絵にも晩年では挑戦してたようですが、初期の筆や水彩の作品が私は好きだったな。

『メスカリン素描』という、幻覚剤服用中に見えてくるイメージを描き残す、というヤバめな感じの絵も多く描いていました。私は全く好きではなかったけど。
図形みたいな絵の中からも「人がみえる」と言い続ける彼の妄想っぷりもヨシ。
見ようによってはいろんなものに見えてくる絵がいっぱい。
動物だったり、民話だったり、楽譜だったり。

そんな暇な楽しみを得られるのもまたよろし。

8月12日までやってます。

『アンリ・ミショー展 ひとのかたち Henri Michaux/Emerging Figures』
★★★★☆
http://www.momat.go.jp/Honkan/Henri_Michaux/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】リゲイン代わりに『舞妓Haaaan!!!』

先週末は癒しの週末を過ごしました。
ぷー娘。リバービューなホテルへ。

好きなことをして過ごしましょう、頭からっぽで過ごしましょう、にぴったりなお台場。
下手したら10年ぶりぐらいのジョイポリス。占いとかが和んで良いです。
年々コースターものには弱くなってる気がします。豊島園とか富士急みたいな、本気遊園地にはもう行くことはないだろうな…。

お次はメディアージュ。
今週も興行ランキング4位に入ってて、妹もオススメしてた『舞妓Haaaan!!!』。
もともと100人程度しか入らないようなシアターを、危うく貸し切りにしてしまいそうな、微妙な客の入り具合。
客層は、妹が見に行った時は、故植木等さんファンの老人が多目だったそうですが、この日は(場所柄か)カップルばかりでした。

映画自体は『キサラギ』並みに爆笑。
どんくらい爆笑かというと、終わった後何も感想が残らないくらい。

ともかく、映画見るときくらい何も考えたくない、疲れたサラリーマンな方には、ぜひとも見に行って欲しい映画です。(DVDも可)

舞妓Haaaan!! ★★★★☆
http://www.maikohaaaan.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【ミュージカル】私の国では正しいかどうかではなく、人気のあるものが歴史に名を残す Wicked ★★★★★

NY版を4回見てきて、日本語版は正直どうなるのかおっかなびっくりで見にきましたが‥。

ただいまインターミッション。
期待以上!!

ちなみにNY版の拙い感想は別ブログへ。

興奮落ち着いた後日の感想です。→続きへ。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【展覧会】「生きる」展より「谷内六郎館」です!

111 @開館したばかりの横須賀美術館。
電車で1時間弱、さらにバスで15分。ほんとに遠い。そして周りにはホテルが一件あるくらい。見渡す限り海・海・海。
こんな遠くへ来る人いるのかしら?と心配に思っていたら案の定。
私たち2人以外は、団体さんがいるくらい。
ちょっと行く末が心配な感じの美術館なんだけども、建物はほんと素敵。直島を思い出します。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【映画】事件は現場でおきてるんだ!『キサラギ』

Photo_4 久々に映画。R25での↓こんな映画評が気になって行って参りました。

<エンタメ>自殺したアイドルの死の真相とは…!?
ここまで誰かを愛せるか?
『キサラギ』でアイドル愛を学ぶ
http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200706141114

場所はシネ・リーブル池袋。女子トイレからの見晴らしがものすごく良い映画館です。

» 続きを読む

| | コメント (30) | トラックバック (25)

【映画】予告が一番おもしろい映画-『バベル』

本日より公開中のバベル、見てきました。場所はいつもの錦糸町。あいかわらずすいてます。

主題はキャッチコピーまんま。

-------------
遠い昔から言葉は一つだった。
神に近づこうと人間達は天まで届く塔を建てようとした。
神は怒り、言われた。

”言葉を乱し、世界をバラバラにしよう”

やがてその街はバベルと呼ばれた。
私たちはいまだつながることができずにいる。
神は人を分けた。
-------------

訴えたいテーマや盛り込んだ社会性なんかは伝わってくるんだけど、おもしろかったとは言いがたい感じ。
ツレは途中からキレキレ。
「奥深そうに見えてテーマが浅い」
「むやみやたらなエロス。センスない」
「てゆーか、日本の場面って必要あるの?」
止まらぬ酷評。マリー・アントワネットよりつまらないと断言。

私も途中までは期待を引きずって見ていましたが、結局すっきりしないというか、救いがないというか。
「こんなにも人と人は理解し合うのが難しい」
と見せ付け、見せ付け、終わり。
エンドロールが流れ始めたとたん席を立つ人続出。

そのへんとは別に。
日本のクラブの場面では、NYでの慣れない夜遊び。
モロッコの場面では、ペルー・ボリビアの苦しい旅。
国を越えた、懐かい記憶のフラッシュバックが何度もおこって、なんだか落ち着かない気分。

まぁ、話題性はあるし、見に行ってもいいんじゃないでしょうか。
これから見にいかれる人のために、マメ情報。

その①
日本語セリフにも全部字幕がついててなんだろ?と思って後で調べたら、日本の場面で聾の方々がボランティア出演しているのですが、彼女ら4万名の署名で急遽入れることになったとのこと。
映画外で「つながる」の実践。

その②
アカデミー・ノミネートの菊池凛子の演技を見てみよう、という人も多いかと思いますが、けっこうきわどい体当たりヘアヌードなので、一緒に見に行く相手との仲良しレベルを考慮したほうが良いかと。

BABEL バベル ★★☆☆☆
http://babel.gyao.jp/

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (33)

【コンサート】BEYONCE JAPAN TOURで反省

ダイナミックにイイワケして、6時15分会社脱出!
ビヨンセのワールドツアー初日@東京ドーム、行ってきました。
ゆきよちゃん、ありがとーーーー♪♪

待たされること1時間弱。Crazy in Loveで幕開け。観客はもちろん総立ち。何曲かおいてNaughty Girl。
NYで同じマンションだったゆみことともに、NYの夜をフラッシュバックさせちゃいました。
あんなに激しく踊りながら、ちっとも歌に乱れがないってすごい! 「Beautiful Liar」なんとエロい動き!!!(シャキーラはいませんでしたが、ダンサーと2人クネクネしてくれてました。)

内容盛りだくさん!
デスチャメドレーも10曲は入れてましたし、映画「ドリームガールズ」で唯一ソウルを込めて歌ってる「Listen」も歌ってくれました♪
歌と歌のつなぎも凝ってます。
ドリームガールズの監督が脚本を担当した「Chicago」の牢獄シーンを演じたり、ピンクパンサーの有名なフレーズだけ先に幕間で流しておいて主題歌も後でしっかり歌っちゃったり。

ちょっともったいなかったのは、そんなエコーかけなくても全然歌えちゃう人のはずなのに、ぐわんぐわん音が響いちゃってたことと、せっかくの舞台演出なのに、左右からの照明がお邪魔だったこと。
東京ドーム、うちから徒歩3分で嬉しいんだけど、コンサート向きじゃない?

ウララン氏の本気の望遠鏡のおかげで、セクシーなそのお姿もしっかり拝見。
4回目のドレスチェンジで、「ベージュのホルターネックにスワロフスキーをちりばめたヌーディーなキャミ」ってな刺激的なお姿になられてたんですが。。 1_7

いや、もうなんかね。反省ですよ。
きゅーーーーっと。抱きしめたくなる腰。で、ただ細いだけじゃなくて、Listenのときの胸が大きく開いたマーメイドっぽい
ロングドレスの胸元ったら。。
もともと生まれつきとても恵まれたカラダをしているにしても、やっぱり日々の美意識ですよ。

というわけで、翌日さっそく会社のセントラルスポーツの回数券を半期分申し込みました。
幸せぼけでぼけぼけなカラダにカツを入れていきます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【映画】火曜日はビヨンセのコンサート♪