« 【コンサート】BEYONCE JAPAN TOURで反省 | トップページ | 【映画】事件は現場でおきてるんだ!『キサラギ』 »

【映画】予告が一番おもしろい映画-『バベル』

本日より公開中のバベル、見てきました。場所はいつもの錦糸町。あいかわらずすいてます。

主題はキャッチコピーまんま。

-------------
遠い昔から言葉は一つだった。
神に近づこうと人間達は天まで届く塔を建てようとした。
神は怒り、言われた。

”言葉を乱し、世界をバラバラにしよう”

やがてその街はバベルと呼ばれた。
私たちはいまだつながることができずにいる。
神は人を分けた。
-------------

訴えたいテーマや盛り込んだ社会性なんかは伝わってくるんだけど、おもしろかったとは言いがたい感じ。
ツレは途中からキレキレ。
「奥深そうに見えてテーマが浅い」
「むやみやたらなエロス。センスない」
「てゆーか、日本の場面って必要あるの?」
止まらぬ酷評。マリー・アントワネットよりつまらないと断言。

私も途中までは期待を引きずって見ていましたが、結局すっきりしないというか、救いがないというか。
「こんなにも人と人は理解し合うのが難しい」
と見せ付け、見せ付け、終わり。
エンドロールが流れ始めたとたん席を立つ人続出。

そのへんとは別に。
日本のクラブの場面では、NYでの慣れない夜遊び。
モロッコの場面では、ペルー・ボリビアの苦しい旅。
国を越えた、懐かい記憶のフラッシュバックが何度もおこって、なんだか落ち着かない気分。

まぁ、話題性はあるし、見に行ってもいいんじゃないでしょうか。
これから見にいかれる人のために、マメ情報。

その①
日本語セリフにも全部字幕がついててなんだろ?と思って後で調べたら、日本の場面で聾の方々がボランティア出演しているのですが、彼女ら4万名の署名で急遽入れることになったとのこと。
映画外で「つながる」の実践。

その②
アカデミー・ノミネートの菊池凛子の演技を見てみよう、という人も多いかと思いますが、けっこうきわどい体当たりヘアヌードなので、一緒に見に行く相手との仲良しレベルを考慮したほうが良いかと。

BABEL バベル ★★☆☆☆
http://babel.gyao.jp/

|

« 【コンサート】BEYONCE JAPAN TOURで反省 | トップページ | 【映画】事件は現場でおきてるんだ!『キサラギ』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

I had a desire to begin my company, however I did not earn enough of money to do it. Thank God my mate recommended to take the mortgage loans. Thence I received the student loan and realized my dream.

投稿: SilviaBAKER | 2012年2月13日 (月曜日) 午前 11時41分

コメントありがとうございます!
見終わってあまりの虚しさに、他の人はどう思ったんだろ?と感想探しまくっちゃいました。
いもさんの感想が一番刺さりました。
今後ともどぞよろしくです。

>みなさん
いもさんの感想、抱腹絶倒モンです。
http://imorock.air-nifty.com/imolog/2007/04/post_0784.html#more
オススメ。

投稿: のび | 2007年5月 1日 (火曜日) 午後 09時42分

はじめまして、こんばんは!
コメント有難うございます☆
記事のタイトルがそのものズボリで笑えました(笑)
深いテーマを表現しようとして、結果的に浅~~い見せ方に
なってしまっているように私も思いました。

> 一緒に見に行く相手との仲良しレベルを
> 考慮したほうが良いかと。

あはは、確かに!
父と娘(あるいは息子)で観に行ったりすると、
気まずい雰囲気になるかも(笑)
また寄らせていただきますネ。

投稿: いも | 2007年4月30日 (月曜日) 午前 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/203160/6244703

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】予告が一番おもしろい映画-『バベル』:

» バベル [辛口だけれど映画が好きです]
注! 同じ記事がわたしの別ブログLeidende Fruchtにも載っています。バベル(2006年/仏・米・メキシコ/アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督/公式サイト)「伝わらない」をテーマに、複数の物語が同時進...... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午前 05時47分

» バベル [八ちゃんの日常空間]
この超話題作を観ようと思った最初の動機は、ズバリ、エル・ファニングが出ているから!どれだけ成長してきたかスクリーンで確かめたいものです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午前 06時12分

» バベル [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
違< 冷静に見てみると、どんだけアメリカが自己中かってことを感じた。ついでに蚊帳の外で日本もまた...。 アメリカが(アメリカ人夫婦が) 自国の内政をなおざりに(子供を置き去りに) 同盟国などに有無を云わせず(メキシ... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午前 09時11分

» バベル [今、此処に。]
「バベル」の試写会に行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午前 09時23分

» ★ 『バベル』 [映画の感想文日記]
2006年、  BABEL. アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督。 ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊池凛子、アドリアナ・バラーザ、エル・ファニング、その他出演。... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午前 09時46分

» バベル [Akira's VOICE]
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。 [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午前 10時28分

» 『バベル』 [試写会帰りに]
『バベル』(『BABEL』)を観ている時に頭に浮かんだのは、バタフライ効果というもの。何の気はなしにしたほんの思いつきの、ちょっとした行動が、地球の裏側では大変な事態へと展開しているかもしれない。 見終わってから考えたのは、たった一人きりで生きていると思ってい..... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午後 12時08分

» バベル(ブラッド・ピット/菊地凛子:出演) [ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy]
「バベル(ブラッド・ピット/菊地凛子:出演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年4月... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午後 01時31分

» 感想/バベル(試写) [APRIL FOOLS]
凛子フィーバーひと段落で、なんだか忘れられそうだけどTHEパーフェクトだよ『バベル』4月28日公開。モロッコで起きた発砲事件。撃たれたのはアメリカ人女性。モロッコ、アメリカ、メキシコ、そして日本。1発の銃弾が世界中の壁に、バベルの塔に、風穴を開ける。脳みそブチ抜かれる大傑作! バベル 「ミスコミュニケーション」が主題として横たわり、その象徴としての「バベルの塔」。このメッセージが間接的ながら劇的に、鮮烈に、全編を通して響き渡る。観てからふた月くらい経っているけどいまだに消えない衝撃。ダメージ... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午後 02時42分

» バベル [スーパーヅカン]
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 、役所広司 、菊地凛子 、アドリアナ・バラーザ ... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午後 03時05分

» バベル @試写会 [シュフのきまぐれシネマ]
BABEL  4/19(木)@品川プリンスシネマ (試写会) 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、菊池凛子 他 音楽:坂本龍一 配給:GAGA 言葉が通じない... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午後 04時56分

» Babel  バベル [表参道 high&low]
覚えにくいAlejabdro Gonzalez Inarritu(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)監督の作品はダイアログがないシーンが象徴的です。 ’Babel’(バベル)も菊池凛子演じるろうあの女子高生のシーンはもちろん、Brad Pitt(ブラッド・ピット)とCate Blanchett(ケイト・ブランシェット)のセリフなしの演技も光ります。 そして映画は冷たく乾いた空気が支配してます。 監督が少年時代に旅をしたモロッツコのドライな雰囲気やメキシコ国境に広がる砂漠の荒涼感も独特の映像を作... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日曜日) 午後 10時43分

» 映画「バベル」 [いもロックフェスティバル]
話題の映画『バベル』の試写会に行った。 [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月曜日) 午前 12時16分

» 『BABEL』 [唐揚げ大好き!]
  『BABEL』   神は、人を、分けた。   初めは役所広司×ブラット・ピットの競演みたいな感じで宣伝されてましたよね。 その内、役所広司の娘役が菊池凛子で当時キムタクとCM競演していた・・・、と思ったら菊池凛子がアカデミー助演女優賞にノミネートされ... [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月曜日) 午前 06時44分

» 【2007-62】バベル(BABEL) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来な....... [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月曜日) 午後 11時32分

» 映画vol.121 『バベル』*試写会 07-10 [Cold in Summer]
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランジェット 菊地凛子     製作:2006年 米 公式HP 試写会第10弾は、待ちに待ったバベルです♪ 「プレミア」試写会という事で、特典映像付きですよ。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火曜日) 午後 03時20分

» BABEL  バベル [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
私は悪い人じゃない おろかなことをしただけ菊池凛子がアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことで話題となった作品。モロッコの放牧地帯で撃たれた一発の銃弾が、国境を越えて連鎖するストーリー。BABELの名の由来は旧約聖書によるものだ。「遠い昔、言葉は一つだった。神に近づこうと人間たちは天まで届く塔を建てようとした。神は怒り、言われた。”言葉を乱し、世界をバラバラにしよう”。やがてその街は、バベルと呼ばれた。」(旧約聖書 創世記11章)本作品は、言葉が通じないことや、心が通じ合わ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火曜日) 午後 11時43分

» 映画:バベル 試写会 [駒吉の日記]
バベル 試写会(GAGA試写室) 「最も暗い夜に最も輝ける光」 東京ミッドタウン内の新GAGA試写室にて、ブロガー招待。平日にも関わらずフードコートやレストランは結構混雑してました。個人的には・・・わざわざは来ないですね。展望フロアはないので34Fからの眺めはレア... [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水曜日) 午前 12時21分

» バベル 2007-18 [観たよ〜ん〜]
「バベル」を観てきました〜♪ モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。バスで砂漠を移動中、何者かに突然狙撃される。同じ頃、東京に住む聾唖の女子高生チエコ(菊池凛子)は、満たされない日常に尖った日々を過ごしていた・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、言葉が通じるかも!? ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水曜日) 午前 07時01分

» 『BABEL/バベル』でもやっぱりガエルだよね。 [キマグレなヒトリゴト]
日本では菊地さんの助演賞ノミネートで話題になっていますが それよりも何よりもガエルが出ているんですよ、この作品。 そこが重要。そして日本部門もあるっていうのに日本での 公開がまだなんてちょっと残酷ですよね。 ともかく、 その昔、神によって分けられた世界、 だ..... [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 (木曜日) 午後 12時48分

» バベル [獅子の手帳]
バベル公式HP 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット ガエル・ガルシア・ベルナル 役所広司 菊地凛子 内容:壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで....... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土曜日) 午前 01時25分

» 映画「バベル」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Babel 我々は十分賢くなったので、塔を建て、天に届かせよう・・・、そして主は町と塔を見て、言われた彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう・・・ アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてアジア(東京)の3... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土曜日) 午前 11時57分

» バベル★★★★劇場69本目:人は何を求めているのか・・。 [kaoritalyたる所以]
アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞でどちらも6部門・7ノミネートされて、ほぼ無名に近かった日本人女優、菊地凛子が助演女優賞にノミネートされた・・ということで話題の『バベル』を観てきました。何と感想を書いていいものやら、正直解りません。上映が始まってか...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日曜日) 午後 09時35分

» バベル [ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~]
?  ?     ? バベル(2007年、アメリカ、ギャガコミニュケーションズ) http://babel.gyao.jp/ 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊地凛子、役所広司、 ???? ガエル・ガルシア・ベルナル、... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月曜日) 午後 12時00分

» 映画vol.121 『バベル』*試写会 07-10 [Cold in Summer]
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランジェット 菊地凛子     製作:2006年 米 公式HP 試写会第10弾は、待ちに待ったバベルです♪ 「プレミア」試写会という事で、特典映像付きですよ。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月曜日) 午後 05時21分

» 「バベル」 [雑板屋]
〜2007年4月公開予定作品〜 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作品なだけに、少々期待も膨らませながら観たものの、正直・・マスコミの過剰反応なだけのような気がした。 話事態は単純で、点と線が繋がりやすく複雑感も全くなし。伏線や時間軸の困難を予想し...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火曜日) 午後 06時11分

» ガルシアのバッグ [ガルシア]
ガルシアマルケスのファションは女性の心を軽井沢のように爽やかにするブランドかもしれません。ガルシアマルケスの魅力は、バッグひとつとってもそうですが、自分らしさを表現できるファションのような気がします。ガルシアマルケスのバッグだけでなく、洋服、革製品、雑貨でも、あなたらしさを表現しても良いですし、自由にコーディネイトを楽しんでください。ガルシアマルケスのファションは、メンズ、レディースの両方に人気があります。バッグや洋服で身を包んだあなたのセンスは素敵です。ガルシアマルケスのフ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火曜日) 午後 10時37分

» ガルシアマルケスのバッグを中心に、色々紹介しています! [超人気!ガルシアマルケスの通販ガイド]
突然のトラックバックを失礼します。いま女性に大人気のブランド、ガルシアマルケスのアイテムを多数紹介しております。お時間に余裕ができたらぜひチェックしてみて下さいね! [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土曜日) 午後 12時54分

» バベル [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
バベル 原題: Babel (2006) 2007年4月28日 日本初公開 公式サイト: http://babel.gyao.jp/ 新宿バルト9 スクリーン5 I-20 2007年5月7日(月)16時の回(シネマチエ) ゴウ先生総合評価: A   画質(ビスタ): A/A-   音質(SRD?): A   英語学習用教材度: C... [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土曜日) 午後 05時35分

» ★「バベル」 [ひらりん的映画ブログ]
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。 ... [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水曜日) 午前 04時33分

» 「バベル」 [Tokyo Sea Side]
色々な要素を詰め込み過ぎている感じがしました。背景としてそれぞれのエピソードが繋がっているのは良いとしても、1つの映画にまとめるのは少々無理があった様に思います。チエコに関しては、聾唖であり母親が自殺したにしても、ちょっと行動が極端すぎてしっくりこない。この映画のテーマの1つである“言葉の壁”は国際的な言語という意味だけにとどめても良かったんじゃないかと思います。また言葉の壁よりも、国家間の社会的な壁というものの方が印象的でした。... [続きを読む]

受信: 2007年5月18日 (金曜日) 午後 10時24分

» 「バベル」 [やまたくの音吐朗々Diary]
公開中の映画「バベル」を観賞。監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演はブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、アドリアナ・バラッザ、菊地凛子、エル・ファニングほか。仲たがいしていたアメリカ人夫婦のリチャードと... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土曜日) 午後 11時59分

» 映画レビュー#51「バベル」 [Production Rif-Raf]
基本情報 「バベル(BABEL)」(2006、アメリカ) 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(アモーレス・ペロス、21グラム) 脚本:ギジェルモ・アリアガ(アモーレス・ペロス、21グラム、メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬) 製作:スティーヴ・ゴリン(エター..... [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木曜日) 午前 05時21分

« 【コンサート】BEYONCE JAPAN TOURで反省 | トップページ | 【映画】事件は現場でおきてるんだ!『キサラギ』 »